私は紙媒体の新聞からデジタルの新聞へと移行しました。自由度が高く、少し節約になり、とても重宝です。

私にとって新聞は生活に欠かせないもの
私にとって新聞は生活に欠かせないもの

新聞もデジタルで読む時代

昔、毎日自宅に届くものといえば新聞でした。新聞を取っているのが普通という感じだったんですよね。ところが最近では様相が変わってきたようで、新聞もネットで簡単にみられるようになりました。かくいう私も、ある段から紙媒体の新聞はやめてしまいました。今は、パソコンや携帯電話などから、ネット上の新聞を閲覧しています。ネット上の新聞には、無料と有料があり、中にはデジタル版でしか配信していないようなものもあります。そう考えると、少し得した気分になりますよね。

紙媒体の新聞では、折り込みチラシが沢山入ってきて、それを見るのも一つの楽しみでした。ネットの新聞に移行するとそういったものが無くなるのが少し残念な気もしますが、チラシはチラシでネット上で閲覧できるサービスが多数ありますよね。そういうのを複合して使用していくと、以前のままの情報をゲットでき、なおかつ少し安く済ませることができます。これも、ちょっとしたエコかもしれません。

テレビやインターネットから情報も得ることができますが、新聞を読むということは、また違った良さがあります。毎朝届くものからは、すばやい情報はなかなか得られないかもしれません。ですが、改めてゆっくりと読む時間を持つことができます。私はコーヒーを飲みながら、毎朝ゆっくり読むのが一番リラックスできる時間です。手元に存在するので、気に入った記事があればいつまでも残しておくことが可能です。また、紙をめくりながら読むのがなんとも言えない充実感を与えてくれます。情報を得ることができる方法も、たくさん増えてきました。自分に合うものを選んでいくと良いと思います。

サイトリンク